社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法で独学 レビュー、評判

出題の法則がここにある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

PAGE TOP↑

社労士試験合格にはルートがある

ai11.jpg
合格へのルートは見えていますか?

社労士試験の合格は一朝一夕には達成できるものではありません。ゼロの状態から合格するために必要な勉強時間は一般的には1000時間以上と言われています。

社労士を志す多くの方は、スクールや通信講座、或いは独学でも参考書や過去問などで学習していきます。しかし初めから自分が合格へのルートを辿っていると確信している方はごくわずかです。大多数は確実かどうかわからないけど、たぶんこの方向だろう?と思いながら、日々勉強されています。

一般的に資格スクールや通信講座では基本を万遍なく勉強することが大事という考えから膨大な範囲を覚えていくことになります。確かに長い目で見れば大事かもしれませんが、それでも限られた受験勉強時間のなかで時間切れになる恐れがあります。また社労士試験突破に目標を据える場合には、ある程度効率的なルートがあります。

「社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法」は、この合格するための効率的なルートをあなたに示してくれる水先案内人の役割を担ってくれます。



b9.gif



スポンサーサイト

タグ :

PAGE TOP↑

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法の強みとは?

ap14.jpg



社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法の最大の強みは、出題の法則をあなた自身でも見出すことができるようになる点です。

試験本番で出題されるであろう問題をある程度予想ができるようになれば、合格のためにこれほど最大の武器はありません。試験勉強の「選択と集中」ができますので、非常に効率的な勉強をすることが可能になります。特に短期間、短時間で一発合格を目指す方には必須のテキストと言えるでしょう。

これは社労士試験の講師を20年ほどされている坪義生先生によって作成されたもので、長年の経験のなかで社労士試験の傾向から、出題の法則性を把握したノウハウが詰まっています。坪先生独自のノウハウですから、他では学べません。

ゼロの状態から半年で合格することを目的としており、平日は2時間半、週末は4時間の勉強時間をこなしていきます。
これだけの短期間、短時間で合格というゴールに到達できるのも、出題の法則性がわかることで試験勉強の「選択と集中」が可能になるからに他なりません。これができれば他のライバルに差を付け有利に合格へのルートを辿ることができるでしょう。

合格までのルートが見えていれば自信と希望に満ちた状態で試験本番を迎えることができます。そして社労士試験合格が、あなた自身の人生の可能性を広げていくスタート地点になるでしょう。



b9.gif



タグ :

PAGE TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。